| Back | Next | Diary Index | Home |


9月26日(sun) ■新潮文庫のYonda?くん
「うちにもあるよ」という方もいるかもしれませんが
私の部屋の机の上には
新潮文庫のYonda?Clubのカレンダーが置いてあります。
読書好きのパンダのYonda?くんが毎日本を読んでいる絵が
描かれているかわいい日めくりカレンダーで
ごろんと横になって本を読んでいたり
恋に落ちながら本を読んでいたり(2月)
海水浴でサメに追われながら本を読んでいたり(8月)
とにかくYonda?くんは始終本を読んでいるのですが
9月は笹をバカスカ食いながら読書している。
で、当然のように太ってゆくのです。天高く馬肥ゆる秋。
9月も下旬に入る頃、Yonda?くんはさすがにヤバイと思い始めます。
本読みながら。
それでダンベル体操を始めるわけです。本読みながら。
すると体型は無事元に戻ってゆく。Yonda?くん一安心。
なんとも憎たらしいですね。1週間ダンベル体操した位で痩せるなんて。
<Now Playing=Paris 1919/John Cale>

Yonda?Club
あんまりかわいいのでめくった後も捨てられないとかだから私は全然めくってないの!って人が多いとか。


9月20日(mon) ■駅は今、朝の中
朝 駅で
慌てて電車に乗るために
急いで改札を走り抜けようとしたら
誰かが私の腕を掴もうとしてウォークマンのコードをひっこ抜いた。
驚いて(本当に驚いて)振り返ると
駅員が私の手から切符を奪い取りスタンプを押した。
腹立ちませんか。立つでしょう普通。
大体ね、電車が来てるのも
私がすぐ横の券売機で切符買ったのもわかるでしょうが。
とゆうか別にスタンプ押さない時もあるじゃんよ。
なんで客が急いでる時に限ってそうしようとする。
こっちはちゃんと切符見せながら通ったつもりなんだよ。
何よりその駅員の態度が。
面倒そう〜な嫌そう〜な顔して「おぅ!」だよ「おぅ!」。
ついこっちも「はぁ!?」って言っちゃいましたよ。
肝心の電車には無事乗れたからいいようなものの
もうあの駅使いたくないなあ。
「いやそもそも寝坊しなければいいのでは?」黙れ黙れ!
<Now Playing=Between the Bridges/SLOAN>


9月18日(sat) ■メロメロにキリンジ

昨日はキリンジのライブに行って来ました。ああもう最高。
オープニングの白いたれ幕、フルートの音色、
盛り上げ役を一身に背負っていたパーカッション、
お兄さんの不安定なコーラス(あはは)、
そして弟くんののびやかな歌声。
*****
東京ではあっという間にチケットが売り切れになるそうですが
名古屋はまだまだ余裕です。整理番号すらつきません。
当日のお客さんの入りもほどよく満員、でも決してスシ詰めでなく。
東京から見に来たぴなちゃんも御満悦。勿論私も御満悦。
*****
注文していたオリジナル・タグが届きました。
洋服の内側とかについてるアレです。
自分で作った服につけようと思って。
「売ってる服みたいな気分を満喫したい」というのは
勿論あったのですが、同時に
「もしも私が身元不明の死体で発見された時
"この服のタグはもしかして!"とか思ってもらえたりして」
というのもありましてな。便利だろう。
そういうわけなので皆さん、このタグを覚えておいて下さい。
そしてそれらしい記事を新聞とかで読んだら
その時は警察にご一報をよろしく。
<Now Playing=Set the Twilight Reeling/Lou Reed>

お兄さん
ラストの「口実」でちょこっと歌うんですけど、なんかもうハラハラしちゃって(笑)。

弟くん
前回見た時よりも笑顔が多かった。くぅ...(素敵)。

このタグ
"SYRUP"と刺繍されております。"シロップ"と呼んで下さい。いやまあせっかく作るんだからブランド名っぽいのがいいでしょ。(身元判明のためなら電話番号でも入れておいた方が役に立つわけだが、まあ)口に出して読んだ時の響きが可愛いかなと思って。ガムシロとか好きだし。


9月15日(wed) ■鰯の頭も信心から

今日は台風のお陰でバイト先が物凄く暇だったので
ついつい店でブラウスを1枚作ってしまいました。
以前作ったものの色違いなんですが
比較的短時間で作れるのでバイト先でも評判が良く
私のひいたパターンを使って結構皆同じものを作ってます。
形は同じでも生地は作る人の好みで全然違うので面白い。
私も好みのチェック柄をみつけたら、もう1枚位作りたいな。
*****
ところで今日お店に知らないおばさんがやって来て
「プレゼントしますからどうぞ読んで下さい」と
大川隆法の本と雑誌を置いて行きました。
はーこれが...と思いながらパラパラ拾い読みしてみると
なかなか滅茶苦茶な事が書いてありました。
「マザー・テレサが亡くなった時彼女の霊と交信しようとして
しかし直接コンタクトを取るのは問題があるので(どんな問題が?)
私の長年の友人であるイエス・キリストを仲介人にたてた」とか。
凄い。凄いホラ。と思うのは私が拾い読みしかしてないからか?
まあ全部読むつもりはないので理解出来なくてもいいんですけど。
しかし世の中にはこれで救われた気になっちゃう人も沢山いるわけで
鰯の頭も信心からとはよく言ったもんですね本当。
<Odessey & Oracle/The Zombies>

同じもの
でもねでもね、「あれLサイズなんだよ」と言ったら皆「うん、だから裁断の時縫い代とらなかったよ」だって。ちっくしょう。


9月8日(wed) ■オフィスキラー

昨日は「オフィスキラー」を見に行きました。
最初は「オースティン・パワーズ・デラックス」の予定だったのですが、
「オフィス・キラー」は今週いっぱいで終わってしまうというので、
急遽変更です。えらい違いですけど。
思っていたよりスタイリッシュでもなく、
意外と普通のホラー/スリラー映画という感じでしたが、
(でも登場する女性は皆-老いも若きも美人もそうでないのも-
監督のシンディ・シャーマンのポートレイトみたいな感じが)
どんどん腐る死体を自宅の地下室に並べてママゴト遊び
といういかにもサイコな場面よりも、
仕事がはかどらなさそうな古いオフィスや
風邪で鼻声の上司(なんで風邪をひいている必要があるのか?)や
主人公の信じられない位どんくさい服装なんかの方が、
なんとなくひっかかるというか不気味というか。
*****
さらに一昨日はBen Folds Fiveのコンサートに行きました。
2階から見下ろしたBen Foldsくんは、ちょっと頭が...。
しかしどっぷりポップ・ミュージックを堪能してきました。
来週はキリンジ! 楽しみだす。
<Now Playing=Boo Boo/FLIN FLON>


| Back | Next | Diary Index | Home |
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO