2003年09月23日(火) 二泊三日の点滴ツアー

気分転換に、トップページを模様替えしてみました。いかがか。

緊急入院した私の兄なのですが、昨日の午後、無事退院しました。帰宅してからも寝込む事なく、元の生活に戻っています。一応「ごはんはおかゆ」ですけど。一緒に心配して下さった皆さん、どうもありがとうございました。

結局一体何だったかというと、どうやら急性胃腸炎だった模様。はっきりした原因はよくわからないんですが、まあ夏風邪だったとか、身体が弱ってて抵抗力が低くなってたとか、そうゆう感じみたいです。入院中は点滴打ちっぱなしで、痛みもなくなってきたので退院の運びとなりました。
それで今日、たまたまワイドショーを見ていたら、梅沢富美男も先週の木曜からウィルス性胃腸炎で緊急入院、だがしかし病院が嫌で嫌で無理矢理退院、5日で6kgも体重が落ちた...という話題を放送していました。

「でもさあ、梅沢富美男だったらどうせ個室に入院してたんだろうなー。俺みたいに4人部屋って事は絶対ありえないよなー。病院の中で一番高い部屋でさあ、付き人とかが24時間一緒についててくれてるんだろうしなー。それでも早く退院したかったんだなー。よっぽど病院嫌いなんだなー。いや、わかるわかる」

兄さん、梅沢富美男に親近感を覚えてるよ...。二泊三日とはいえど、相当心細い思いをしていたようです。この寂しがり屋さんめ。まあ、人生夢芝居って感じか。何のこっちゃ。


2003年09月20日(土) 突然の出来事

金曜日、名古屋クアトロでカーネーションのライブを見ました。3日位前にチケットを買いに行ったら整理番号が93番で、いざ会場に入ってみたらやっぱりちょっと空いていたので、久し振りに前から2列目で見ちゃった。でもライブは凄く良かったです。直枝さんの小柄な身体からは、いつでも物凄くエネルギーというかパワーみたいなものが満ちあふれているなあ。

しかし、2時間半のライブを堪能して帰宅したその後に、予想だにしなかった展開が待ち受けていたのです。

なんと、兄が入院しちゃったのですよ。
私が帰宅した時に「今日はお腹が痛くてさぁ」なんて言っていたのですが、割としょっちゅうお腹をこわす人なので、ふうんとか思ってた程度だったのですけど、寝床についても全然痛みが治まらなかったみたいで、そのうち吐き気まで起きる始末。夜中の3時前だったのですが、父親の車で救急センターへ連れて行かれてしまいました。
病院で点滴を打ってもらったり、CTスキャンやレントゲンをとったりして、そうするうちに少し落ち着いてきたり、でもやっぱり痛みは治まらなかったりで、しかし土日は検査が出来ないとの事なので、結局そのまま検査入院する事になったのでした。
うちは早朝はいつも兄が市場に出掛けて商品を卸したり配達をしたりするのですが、そのための下準備をしている母親の所に顔面蒼白の兄が現れて、こりゃいかんなという事になって、そこでそろそろ寝ようとしていた私が代わりに下準備を頼まれて、そのまま父親に市場にも連れて行かされ(土曜の市場は忙しいのです)、なんだかんだで私が病院に行けたのは午前8時位でしたか。点滴を打ったまま、あのガラガラ(点滴をぶら下げてるやつね)をひいている兄の姿を見て、吉本新喜劇の芸人でこうゆう人いたなぁと思いました。

ちゃんとした検査はまだだけど、まあ多分胃腸炎なんじゃないのかな、というわけでたいした事はなさそうなんですが、それでもやっぱり心配ではあります。土日だからちゃんと検査が出来ないとか、点滴の針の位置が良くなかったみたいで腕が腫れてきてまた打ち直してもらったりとか、もう頼むから早くなんとかしてやってくれよ、この年になってこんな事言うのもアレだけど、この人は私の大事な兄なんだよ、すんごい真面目でいい人なんだよ、それなのにこんな痛がって弱っちゃって、かわいそうだよ。そんな切羽詰まった状況じゃないんだろうけど(本当にそんな状況だったらもっと困るんだけど)、それは充分わかってるんだけど、土日だからとか言ってないでまっ先にこの人をなんとかしてあげてよ、なんだったら私がかわってあげたい位なんだよ、頼むよ、と、実際には勿論言ってはいませんが、帰りの車の中でそんな事を考えていたら涙が出てきて参りました。寝てないし。眠気防止にカーステをフルボリュームにして、大声で歌いながら運転しました。結構効き目あるね。

それから家に帰って寝て、夕方に兄から携帯のメールが届きました。
「今度来る時ベースマガジンの10月号買ってきて!」
きっと退屈しているのでしょう。少しは落ち着いてきたようです。良かったです。明日持って行ってやろうと思います。


2003年09月19日(金) サッカーネタですみません

●チャンピオンズリーグが始まりまして、またいろいろと試合を見ているわけでございます。なんたってこれのために私は自室にスカパーを導入したわけであるからして。普段はLaLaTVとFoodies TVばっか見てるけど。

●wowowの時は、有名どころのチームのカード優先で放送していて、そうでもないカードは下手するとデジタルのwowow3で、しかもずーっと後になってからやっと地味に放送、その頃にはもう見る気しないって、ていうかデジタルwowow入ってねえー! という事もあったわけですが、スカパーは全試合をなるべくその日中に放送してくれるのね。リピートも多いし、有り難い事です。wowowはなぁ、ドイツのチームはあまり放送してくれなかったんだよなあ。ブンデスやってるくせに。

●というわけで月額1800円の元をとるべくいろいろ見てます。以下、自分のための一次グループリーグ第1節見た試合忘備録。
全部見た。
・(H)ミラン対アヤックス
・(E)レンジャーズ対シュツットガルト
・(A)バイエルン対セルティック
・(B)アーセナル対インテル
途中まで見た
・(F)レアルマドリード対マルセイユ
ちょこっとだけ見た
・(G)ベシクタシュ対ラツィオ
・(E)マンチェスターユナイテッド対パナシナイコス
これから見るつもり
・(A)リヨン対アンデルレヒト
・(D)ユベントス対ガラタサライ
・(G)スパルタプラハ対チェルシー

●バイエルンは前半全然良いとこなしで去年の悪夢が蘇って非常に心臓に悪かった。セルティックのユニフォームが非常にかわいい。チームのマークもクローバーだし。シュツットガルトは結構頑張っていたのでなんとか2位を目指してほしい。あとアーセナルの試合を初めてまともに見たんだけど、ガツンガツンの体当たりが非常に恐ろしかった。プレミアってあんなんなんですか(ブルブル)。いよいよファウルの基準というものがわからなくなってきました。でもインテルかっちょえーとか思っちゃったんですけど(アーセナルファンの人すみません)。

●あ、グループC全然見てないや。見るべき?


2003年09月16日(火) 野球とサッカー

■お待たせ! おう、18年待ったぜ! って感じで阪神の優勝が決まりましたねえ。昨日の日記を書いてた時点ではまだ広島が2-1でリードしてた上にヤクルト-横浜も4-0だったからねえ。もしかして今日も駄目かなと思ってたんですよね。いやそれにしても目出度い目出度い。

■それであちこちで優勝記念セールが始まったのはいいけど、何故にジャスコ(あ、イオンか)までセールを!? 関係ないだろう君のとこは。大体ジャスコっていえば元は三重県でしょ、四日市でしょ。どちらかといえば中日ドラゴンズのエリアでしょ。何777円均一ワゴンセールとかしてんだ。それだけが納得いきません。

■今度の金曜のカーネーションのライブのチケットをやっと買いに行きました。近場にチケットぴあがないから不便だなあ。近所のジャスコにあればいいのに。阪神セールとかやってないで(関係ないですね)。で、とにかくチケットぴあに行ったら、バイエルン・ミュンヘンのユニを着た女の子が、名古屋グランパスの試合のチケットを買いに来てました。しかも背番号は20。おー、サリハミジッチだ。おー。思わず声をかけたくなりましたが我慢しました。これから始まるチャンピオンズリーグ、あの女の子も見るのかな...。


2003年09月15日(月) 産みの苦しみってやつは

世界柔道、60kg級の野村選手は銅メダルでしたね。私は結局家でテレビで見てたんですけど、3回戦で負けちゃった時はやっぱりびっくりしました。しかし押さえ込みというのはガッチリはまると本当にもうどうしようもないものなのだなあ。思えば野村くんが負けたのって初めて見た。あの心底悔しそうな泣き顔はちょっと忘れられない。しかしその後3位決定戦ではばっちり1本勝ちだからたいしたものですよ。アテネが楽しみだ。
●さて、あとは阪神なわけだが.....えーと...................。


2003年09月10日(水) 地方在住者の哀しみ

●月曜はラーメンズの公演を見に、大阪へ行って来ました。元バイト先の後輩Nちゃんと。
●昼過ぎに難波に着いて、まずとらやに行きました。専門学生の頃、布を買うといったらこのお店でした。ここの「店内には様々な布が大量に展示されているが、実はこれは殆どがサンプルなので、欲しい生地が決まったら店員さんを捕まえて注文し、すると店員さんがそのサンプル布をジョキジョキっと4、5cm角にカットして伝票と一緒にでっかいカプセルに入れてダクトで上の階に運ぶ。上の階には裁断場があり(見た事ないけど)、注文通り布がカットされて、やがて1階のレジの後ろにドサッと落ちてくる。そしてお勘定を払う」という一風変わったシステムをNちゃんに体験させてやりたいと思ったのです。Nちゃんは案の定大変珍しがってくれて、いろいろと布を買っていました。いいぞNちゃん。思う壷だ。
●それから今度は江坂の大塚屋に行きました。名古屋にもあるっつーの大塚屋。しかも名古屋のが本店で店も大きいっつーの。それでも行こうと言ってしまう私。そしてそれに逆らわないNちゃん。ま、お互い生地屋好きだからいいよね。江坂はやはり専門学生だった頃、クラスメートの友達が住んでいた女子寮が江坂にあったので何度か行った記憶があるのですが (お風呂が共同というか大浴場だった。でも脱衣所では皆バスタオルで隠しまくったりしてすっごいコソコソ着替えてた。君達毎日が修学旅行か、と思った) 、しかし当時は江坂に大塚屋はまだありませんでした。だからよくよく考えてみれば江坂の大塚屋にはまだ一度しか行った事がありません。しかもそれは確か4年位前とかそんなんでした。うわー全然馴染みじゃないや。という事を駅に着いてから思い出したので、駅を出てからどっちの道に進んだらいいのやらと少し心細くなりましたが、ちゃんと到着しました。ああ良かった。Nちゃんはまたしてもいろいろ買物をしていました。私はとりあえず接着芯をちょこっと買いました。
●それから梅田に出て、晩ご飯を済ませてからラーメンズの公演会場のサンケイホールへ。うわスゲ、すっごい沢山人が並んでる! さすが大阪だなー、前に名古屋でやった時はもうちょっとのんびりしてたもんなー、ああ名古屋飛ばされるはずだよなあ...と思いながら入場。物販コーナーで「鼻兎」の3巻とエッセイ集「微妙ハンター」を買う。今回我々の席は1階の前から5列目。前だよー、近いよー、ありがとうeプラス。開演前のアナウンスが片桐の声で笑った。
●さて、今回の大阪公演は実は全部新作、ではなくて半分位は第12回公演「ATOM」の再演でした。これビデオ持ってるし。なーんだ、と思う気持ちもありますが、それでも怪傑ギリジンを生で見られたので良しとしましょう。他の始めて見るコントも爆笑ものだったし。ラーメンズというとなんか理屈っぽいというか感覚っぽいというか不思議っぽいというか美大っぽいというか、要するに「ちょっとスカしてる感じー。判る人には笑えるけど判らないと辛そー」と思って敬遠する人もいるかもしれませんが、公演でのラーメンズのコントは意外とベタで直球で親しみやすい笑いも多いですよ。
●公演終了後はとっとと会場を出て、難波へ。21:30の特急に乗らなければいけないからね。帰りの車中、Nちゃんは「ああコバケンと結婚したい」を連発。君、名古屋でラーメンズ見た時も帰りに同じ事言ってたな。「一度でいいから」一度でいいならその後私にまわしてよ。「...え〜...」嫌がるなよ、妄想なんだから。とかなんとかくだらない会話を楽しみつつ、帰宅。楽しい一日でした。
●しかし、会場でチラシを貰ってびっくりしたんですけど、ラーメンズはもう「ATOM」の次に第13回公演である「CLASSIC」を終了してたんですね。知らなかった...。そして年末には第14回公演「STUDY」が決定している...。コバケンプロデュースの「Sweet 7」も見れてないのに...(これはwowowで放送するからいいけど)。やはりマメにラーメンズの公演を見るのはなかなか難しいなあと痛感する、地方在住者だったのでした。

買物の手帖
・鼻兎(3)/小林賢太郎
・微妙ハンター/ラーメンズ
表紙のカバーは裏側の方が面白くて良い。
・カメレオンガール/キリンジ
11月のチケット買うタイミングを失ってしまった...まだ売ってるかな。
・LIVING/LOVING /カーネーション
ゲ、今度の19日に名古屋でライブだ! CDの帯の裏読むまで知らなかった...。



2003年09月05日(金) 完売報告/きよちゃんの思い出

●syrup shop、すべて売り切れとなりました。どうもありがとうございました。再開以降のsyrup shopは、更新してもオーダーが入るのは割合とゆっくりしていたのですが、今回は久し振りにパパッと御注文をいただきまして、大変びっくりしています。勿論嬉しい悲鳴付きですが。 お断りのメールを送らせていただいた方もいらっしゃいます。他にも「よし、ゆっくり考えよう」と思われていた方もいらっしゃるかもしれません。どうもすみません。また次回の更新をお楽しみに!

●先日、祖母・きよちゃんの三回忌という事で法事が行われました。大変バチ当たりですが、お経って眠いよね...。まあ中には「歌を歌ってるみたいで面白い! 楽しい! 一度鈴とり(りんとり; 仏壇の真正面に座って読経を先導する人。方言かも) もやってみたーい!」なんていう私の友人もいるわけですが。多分バンドのメインボーカル気分でいるんじゃないだろうか。

●お経といえば思い出すのが、祖母・きよちゃんです。うちの祖母は生前、元気だった頃はとにかくしょっちゅう仏壇の前でお経を読んでいる人でした。まあお婆さんというのはそうゆうものかもしれないけど。しかし、せっかちな性格の人だったので、お経を読み上げるスピードが異様に速かったです。小学生の時、母方の祖父のお葬式に出席して、お坊さんの読み上げるお経ののろさに、「本当のお経はなんてゆっくり読むんだ!」と大変驚いた覚えがあります。確か普通のお坊さんの読み方よりも5倍位のスピードじゃなかったかな。マジで。父親に言わせると「速く読むとその分沢山お経をあげられるから。沢山読めば読むほど効き目があると思ったんじゃないか」という事でしたが、効き目って何...。以前、何かのテレビ番組でチベットのでっかいマニ車(お経が納められた円筒。筒がくるくる廻せる。1回転でお経を1册読んだ事になる)が出て来て、「これならおばあちゃん、何冊も読めるね」「これでもかっていう位ぐるぐるまわすだろうね」などと家族で笑った事があります(別にズルする目的で作られたわけじゃないけど...)。

●ところでマニ車ってネットで買えるんですね...。小さいけど。「現代社会の喧噪を離れ、チベットの大地に思いをはせてみませんか?」だって...。

●話は先日の法事に戻りますが、お参りの合間に親戚の叔母さん達と世間話をしていた時、一番話題になったのが「JRのジパング倶楽部はとってもお得」という事でした。65歳を過ぎると入会出来て、それに入るとJRの乗車券が3割引きになるというアレです。「遠くに行けば行く程得する事になるんだから!」「年とると自販機で切符買うのが大変なのよ、路線図が細か過ぎて何処読んでいいのかわからないんだもの!」「切符の買い方がわからないのよねー!」(芸能人だけに許されるセリフだと思っていたが...)等々、とにかくジパング倶楽部がいかに超便利かというのが大変よくわかりました。わかりましたからもう勘弁してください。あと、叔母のひとりが「ジング倶楽部」の話に熱中するあまり、いつの間にか「ジング倶楽部」と連呼していたのが可笑しかったです。年をとると単語の濁点と半濁点がごっちゃになるものだなあと痛感しました。皆さんも気をつけておきましょうね。


2003年09月04日(木) syrup 更新

syrup shop更新しました。シャツ4点です。皆さんそろそろ秋物の服を買い揃えていらっしゃる頃でしょうか。え、既にコートとか買っちゃってますか。それは失礼致しました。今回のシャツは7分袖ですので、残暑厳しい今でもすぐ着れます。そして本格的に秋の季節になってもまだ着れます。さらにかなり小涼しくなってもカーディガンなんかと合わせればまだまだ着れます。そんなとても便利なアイテムです。オーダーお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。


2003年09月01日(月) 9月突入、引越し話

■うーん、かっこ良過ぎる、Sunnyさんの引き際...。毎日楽しみにしていた更新がお休みになってしまうのは残念ですけど、新天地でもどうかお元気で。

■さて、私もお引越しを。といってもsyrup shopを移転させましたというお話なんですが。あんまりサイトの引越しはしたくないと思ってはいるのですけどねー。ただ、今度の移転先は広告とか入りませんから。というわけでお気に入り・ブックマークをして下さっている方は変更をお願いします。それから引越し早々ですが次回のsyrup shopは9/4(木)の午後9時頃に新作をUPする予定です。お楽しみに〜。


SEO [PR] @[r AEx@o^C ^T[o[ SEO