| Back | Next | Diary Index | Home |


10月31日(wed) ■テレフォン・ガール

ふと思い立って、携帯電話を新しいのに変えました。
初代は紛失、2代目は故障で都合3台変えてきましたが
形は気に入っていたのでずっと同じ型の携帯電話を使ってきました。
しかしさすがに古いタイプのものになってきたようで
ここらでいっちょ新調するか、という事になったのです。
せっかくなのでデジカメ付きのやつにしました。
おもちゃみたいなものですが、思っていたよりよく撮れるし
なかなか面白いです。
で、ここからはストラップの話。
皆さんは携帯電話にどんなストラップをつけていますか。
私のストラップは、ラーメンズのコントに出て来る
教材用片桐仁」というキャラクターのフィギュア・ストラップです。
半年近く使っているので、あちこち塗装がはがれてきて、ますます嫌な風合いになってきている。
コントの詳細は省きますが(説明しづらいので)
白いランニングに白ブリーフのいでたちの、かなりリアルな人形です。
見た人は大抵ひきます。
これは6月にラーメンズの公演を見に行った時
会場で販売されていた前公演のビデオのおまけについてきた物で
当然私も「こ、こんなの貰ってもなぁ」と思ってたんですけど
一度シャレでつけてみたら、かなり大きめのストラップなので
鞄の中に入れておくと大変捜しやすくて便利なのですね! 意外と!
去年だったか一昨年だったか、所謂ヤマンバギャル全盛の時に
たまたまTVで彼女達が、携帯電話の何倍もあるようなふわふわのレイを
ストラップにして「イエー」とか言っているのを見て
「なんじゃそりゃ」と思っていたのですが
あそこまで大きければ、確かに鞄から取り出しやすいかも!
あれはあれなりに実用的なのかも!
ギャルがそこまで考えていたかどうかは別として。
というわけで、なんだかんだで片桐ストラップを今も愛用している私。
今後つけ替えるとしても、今レベルの大きいストラップでないと。
なんて、本当に実のないどうでもいい話で恐縮ですが
あなたがこの先私の片桐ストラップを見る機会があったら
「これはそれなりの理由があっての事なのだ」と思って優しく接して下さい。
-----
買物の手帖
・事件の地平線/とり・みき
・新・恭一&現の時事放談
・ZELDA/空色帽子の日
-----
Music=Glenn Tilbrook/The Incomplete Glenn Tilbrook


10月25日(thu) ■プチ手芸

久し振りにショートコートというかジャケットを作ったんですけど
使った生地がかなり固くてゴワゴワしているので扱うのが大変でした。
大体私は上着ものには、つい厚手で固めの生地を選んでしまうのです。
なんかその方が防寒になるかなとか考えちゃって。
で、いざ裁断する時にハサミを持つ手が痛くなったり
縫う時にもマチ針が曲がったりミシンが唸ったり。
で、着ると重いんだこれがまた。
市販の服ってどんどん軽くなっていってるみたいなのに
私はなんでこんなに重い服を着ているのだろうと。
凝れば凝る程重くなっちゃうんだもんなあ。
もうちょっと考えて選べよ自分...と作りながら思いました。
でも凄く気に入ってるんですけどネ(強がり?)!
*****
で、そのショートコートに使うベルトのバックルを探しに
近所の手芸屋さんに行った時
ふと思い立ってネックレスのパーツも一緒に買いまして
洋裁の合間にパパッと作ってみました。
蝶のモチーフ(これはこのまま売っていたもの)です。
作ったといってもパーツとモチーフを繋いだだけなんですけど。
ちょっと上半身が寂しいかなーという時につけてます。
たまにこうゆう事するのも、楽しいですね。
-----
買物の手帖
・Todd Rundgren/Another Side Of Roxy
・ドレメファッション造形講座(1)基礎テキスト(上)/ブティック社
-----
Music=Todd Rundgren/Another Side Of Roxy


10月16日(tue) ■置き去りにして


心底クッタクタになってバイト先から帰宅する。
なんかおかしい。なんであんなに忙しいんだろ、あの店?
しかし、あまりの忙しさに辟易する事もあるけれど
その一方で、忙しさの波に身体が乗ってゆく快感もあるわけです。
キビキビ立ち回り、頭がどんどん冴えてゆく。
没頭というか、熱中というか
ふと思い立って何かを始めたら(例: 草むしり、鍋磨きetc)
意外とその作業にハマっちゃって、予想外にはかどったみたいな事って
あるでしょう。あんな感じに似ているかなとも思う。
なんか働きながら自分で、内心ウットリしちゃう時あるもん。
テキパキやってるぜえ、私! って感じで。
*****
が、それが良い事ばかりとも限らなくて。
幸田文の「台所のおと」という、私の凄く好きな短編小説があるんですが
小料理屋をやっているつつましい中年夫婦がいて
ある時、夫が病気になって寝込んでしまう。多分もう治らない病い。
妻は夫の先が長くないと知っていて、しかし夫にそれを悟られないように
素知らぬふりをしていつも通り毎日台所に立つ。
だが、「知られてはならない」という気持ちが妻の動作に妙な張りを与えて
本来ならばやわらかだった妻の台所仕事の音に変化が現れて
料理人である夫は自分の病状にうっすらと気付いてしまう...というお話。
なんだかそれを思い出してしまうのですね。
自分ではスピーディーにバリバリ働いているつもりが
端からみるとそれは余裕のない、ギシギシしたものではないのか。
妙に忙しい本屋とかで、本人はキビキビやってるつもりみたいだけど
なーんか味気ないっていうか、そんな店員さんとかたまにいますよね。
調子に乗って自分ばっかりハイで、他人は置き去りにしてしまう。
そうゆうのでは、やっぱりいけないと思うんですよ。
もっと人間的というか、やわらかい感情のこもった働きをしたい。
忙しい日々には、なかなか難しいものなのですけど。
そんな事をふと考えてしまった。いやー良い事言うね、今日のわたくしわ。
*****
話は変わりますが、先週の木曜に東京へ遊びに行きました。
メインイベントは青山陽一 with the blue mountainsのライブ。
so far, so closeツアー以来、かなりご無沙汰していた生アオヨー様。
やっぱりカッコイイですね。特に今回強く感じたのは、ギタープレイの気持ち良さ。
ボーカルの時よりも、ギターを弾く姿の時のが、雄弁に語っている感じがした。
良いライブを見た後は、よし私も頑張ろうと素直に思える。
昔はただうっとりしてそれで充分だったけど。年かね。
*****
勿論、昼間は日暮里にも行って来ました。
平日も、週末と変わらず(それ以上に?)活気のある街ですねあそこは。
繊維問屋街の通りにある、シンデレラというイタリア料理屋さんがうまいです。
フツーのパスタ屋さんですけど、自家製ソーセージとか、うまかった。
個人的に気に入っているのは、パスタにスプーンがついてこない事。
へ? スプーン?
いやあの、私、パスタを食べる時フォークしか使わないので
スプーンはいらないよなっていつも思っていたので。些細な事ですが。
-----
買物の手帖
・Pinback/blue screen life
・Velvet Crush/A Single Odessey
・They Might Be Giants/Mink Car
・David Byrne/Feelings
・朝日美穂+直枝政宏 & ブラウンノーズ/岡村靖幸トリビュート e.p.
・青山陽一/Ah
・青山陽一/One or Six
・Louis Philippe/Ivory Tower
・Momus/Tender Pervert
・花とみつバチ(4)/安野モヨ子
・お天気といっしょ(1)/えまじやぴね
-----
Music=They Might Be Giants/Mink Car


10月9日(tue) ■捨てる技術?


突然ですが、この間歯が2本抜ける夢を見ました。気持ち悪かった。
なんかいかにも夢占いに出てきそうな内容じゃない?
これは一体どうゆう暗示なのかしらん、と思って
唐沢商会の本を読んで探してみたけど見当たらず
(夢占いについてのネタがあった気がしたんだけど
歯が抜ける夢については触れられていなかった)
ネットで調べてみました。
「現実に歯について心配事があると見る事があるようです」
いや親不知に苦しんでいたのは6月の話だけど。もう抜けたし。
「変化の前触れ。家族や友人に不幸があるかも。注意しましょう」
いや祖母の葬式なら先月済ませたけど。今更...。
*****
先日、涼しくなってきたので衣替えをしてみましたところ
手持ちの長袖シャツの数が思っていたより少ない事に気付く。
そうか、今年はいつだったか、洋服をババーンと処分したんだった。
制服も古着も手作りも高かったのも思い出深いのもあんまり着てないのも
とにかく今もう着ないってやつは捨てたんだった。
そうやって潔く整理したお陰で、随分と手持ちの洋服が減りまして
やっぱりもう少し長袖シャツが欲しいなという事になりまして。
うーん、こうして一旦バヒンと捨てちゃうと
今度は「今、ないから」と正々堂々と自分の服が作れるからいいですね。
なんかちょっと違うような気もするんだけど。
*****
それで「よし、じゃあ秋に向けて長袖シャツでも作ろうか」
となったんですけど、 ぼつぼつとバイト先の方が忙しくなってきました。
スキあらばシャツの裁断でも始めてやる、と思って
鞄の中にいつも型紙と生地を用意して出勤していたのですが
取り出す暇もありゃしない。うぬぬ(何しに行ってんだ)。
結局今回は裁断からボタンつけまで、全部家で行いました。珍しい。
それもなんかちょっと違うような気もするんだけど。
とにかく今度の木曜(ハッ、もう明後日じゃん!)は
これ着てアオヨーライブです。楽しみ!
-----
買物の手帖
・THE ゴルゴ学/ビッグコミック特別編集プロジェクト
・Majestic/wake up,come out and play!
・Gay Dad/Transmission
・Wondergap/Wondergap
・Bay City Rollers/Once upon a Star
・The Three O'clock/Half The Way There
-----
Music=The Three O'clock/Half The Way There

今もう着ない
でもTシャツ(バンド系とかのやつ)はやっぱりどうしても捨てられなくて、全部保存してあります。あれこそもう着ない服なんだけどねー。
| Back | Next | Diary Index | Home |
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO