| Back | Next | Diary Index | Home |


6月22日(thu) 私をワクワクさせる小さな機械・再び

えー、誕生日という事で家族から腕時計をいただきました。
セイコーのタイムトロン。オレンジ色のやつ。
weeちゃんもまだまだヤングだね。
カシオの腕コンといい、ふざけた腕時計しか持ってないね。
そういえば心理テストでありますね。
「あなたにとって腕時計ってどんな存在?」てやつ。
これは「腕時計=恋人」って事になるらしいんですけど
「別にいらない」とか「ないと死ぬ」とか
「アクセサリーよ」とか「日替わりでとっかえひっかえ」とか。
私の場合「ちょっと変わったやつが1本あればいい」という答えなので
それは「マニアック一直線」という事になりますね。
しかしここにきて腕時計が1本増えたという事は、さて。
<Now Playing=The Nightfly/Donald Fagen>

タイムトロン
それにしてもデジタルの腕時計というのはいろーんな機能がついてるんすね。今更だけど。でもストップウォッチ機能なんて使った事ないんだけどなー。私陸上部のマネージャーとかじゃないし。


6月19日(mon) 
じじほうだん。

きっと皆さんの住む街でもそうだとは思うのですが
私のバイト先のある駅前あたりでも、ここ数年のうちに
路上でライブをやる人達というのが増えました。
日曜の午後あたりになると、本当にもう広場のあっちこっちで
ギターを弾いたり歌ったりで、よく隣のコンビと音が混ざらないなと
思います。いや、混じってるってあれは。
私なんかは、「ああゆう所で演奏をしたりするのは度胸あると思うが
立ち止まって見物するのもそれなりの勇気が必要だな」と思うので
「頑張ってるのね、ふーん」という感じで通りすぎるのですが
学生さん達なんかは熱心に聴いていたりして、それなりに盛況なようです。
そんな中で最近気になる事があります。
どこだかのバンドが「チケット発売中」の看板だけ出しているのです。
バンドのメンバーだか関係者だかがその横でダラダラしてて
ラジカセでそのバンドのCD(?)を大音量で流しているだけ。
多分ライブの告知をしたり、うまくいけばCDを買ってくれる人も
いるのでしょう。しかしだな、それってアリか?
一応ああゆう所に出てきたのなら、何か演奏のひとつでもするべきでは?
そんなんで宣伝だけするって、ちょっと厚かましいのでは。
なんて私は苦々しく思っていますが、好奇心旺盛な若い子には
それで充分なのかもしれないな。うーん。
年とったかな私も。とったんだよね、ひとつ。というのが今日のオチです。
<Now Playing=Yeah/The Wannadies>


6月16日(fri) 
だいだい色のベルベット。

部屋の中にカレンダーがないので、この日記の日付を記す時には
いちいち手帳を開いたりマックのメニューバーをクリックしたりする。
面倒といえば面倒な事も多いけど、今日は何日なんてあんまり気にしなくても
いいというのは、割と身軽な感じがしていいなとも思う。
*****
2年振りにびわの実を収穫しました。
2年前にもその事をここの日記に記した覚えがありますが
当時のページはもう残ってないので
ご存じの方はなかなかのGingham Starマニアです。なんちて。
まあ最初から説明しますと、うちにはびわの木があるのです。
建物と建物と建物の間にひっそりと1本だけ。
だからうちにもう何度も来た事のある人でも、その木の存在を知る人は
殆どいない。家族ですら普段は忘れている。手入れも全然しない。
なんでも父親が小さい頃、びわを食べてその種を庭にぷっと捨てて
冗談半分で水をやったりしていたら、本当に芽が出て木になったという
嘘のような本当の話らしいのですが(でもちょっと嘘かもなあ)
とにかくそんな状態でも、実がたわわになるのです。
育つ事自体が奇跡のようなものなので
当然市販のものよりは実の部分も少ないのですが
それでもそこそこ甘く、充分美味しくいただけるという。
そんなわけで今年も屋根に上り、収穫をしました。
かなりの量を既にムク鳥などに食べられてしまっていましたが
バケツに5杯は収穫出来ました。
明日はびわのジャムを作ってみましょう。
*****
久し振りに念願の美容院へ行き、パーマをかけてきました。
ストレートパーマのはずが、結局普通のくるくるパーマ。
朝起きて、そのままでもOKかもな無造作な感じが楽でいい。
でもちゃんとスタイリングしたつもりの時でも、寝グセと言われそう。
*****
チビスケ情報。体重が500gに! 育ってるー!!
<Now Playing=Apple Venus part2/XTC>


6月12日(mon) 
リタイアサン

夜12時過ぎになって目が冴えて、なんでもかんでもヤル気満々になってきて
結局2時半就寝とかいう生活は我ながら良くない事だと思う。
思っているのに、今何時だい。
*****
ここ数日、またまたワンピースの製作にとりかかっていました。
この間出た装苑makingに載っていた、I.S.のワンピースです。
ゆったりストンとしたシルエット、くしゃっとした襟元が物凄くキュート。
ボタンがずらり、ちょっと脇寄りの打ち合わせがまたなんとも。
ああ、今年の夏にこんなワンピがあればさぞ楽ちんかつ涼しげに違いない。
そう思ってトライしてみたのですが、失敗しました。
くしゃっとした襟元というのがどうにも難しいのです。
パターンをひいた時点で間違っていたのか、それとも縫い位置が不正解なのか
よくわかりませんが、とにかく本物のようにならないのです。
それでも着る時調節すればなんとかなるのかもと思い
とりあえず衿は棚上げして袖をつけようとしたのですが
袖側の生地が余っちゃって、つけられない。
やっぱり駄目だ、何処か間違ってたんだ、何処かはわからないけど。
そもそも作る前から製図を見て、これは難しそうだと思ってたんだ。
だから完成出来なくても惜しくないように、安い生地を使ってみたんだ。
しかしこうゆうのってやっぱり、立体裁断の勉強してないと駄目なのかなー。
というわけで未完に終ったワンピを公開します。赤裸々ねえ。
ボロイ。
*****
チビスケ(仮名、しかしかなりこれで定着してきた)情報。
チビスケはどうやら捨て猫だったようです。
某魚市場の片隅に、3、4匹箱に入れられて捨てられていたらしい。
で、いろんな人がそれぞれ拾って帰り、最後に残っていたのがチビスケらしい。
こんなにかわいいのが残っていたなんて、しかしもしかしてチビスケの兄弟は
チビスケを上回るかわいらしさだったのでしょうか。想像出来ないが(親バカ)。
ところが、今日になってさらに新事実が発覚。
実はもう1匹まだ残っていたらしいのです。
それならうちが飼おうと某スーパーのご主人が名乗りをあげたので
じゃあ僕連れて来ますよと兄(親切な男)が例の箱の所へ行ってみたらば。
「で、拾って来たの?」
「いや、駄目だった。もうすっかり野良猫になっててさ、近寄ると
唸ったり逃げたりで触れなかった」
「そうなのかー。やっぱりチビスケと似てた?」
「いや、わかんない。あんまり見られなかった。すんごい汚れてるらしいよ」
「チビスケはこんなに人なつこいのにね」
「うん。でもチビスケも拾ってなかったらああなってたかもしれない」
「.....」
「まあね、野良で生きるのと飼われてやってくのと
どっちが幸せかなんて、猫にしかわかんないんだけどさ」
「まあね」
と、そういう事でした。
では今日は、私の部屋猫・キミヨシの写真を久々に。
<Now Playing=blow out the sun/The Sneetches>

キミヨシ
チビスケに比べて反応が皆無です。不憫です。


6月7日(wed) 
さすがは野良出身

チビスケ(仮名)
を病院へ連れて行きました。
元気でした。もう歯も生えているし、食事はキャットフードと水で結構。
しいて言えばちょっと下痢気味なので、もうミルクは与えないで下さいとの事。
えっ、ミルク駄目なのか。せっかく私が買った子猫用粉ミルク。
父親が「そんなの、水でいいだろ」と言うのも聞かず
だってまだこんなに小さいのだからと買いに走った粉ミルク。
まだスプーン4杯位しか使ってないのに...。とうちゃんのが正解だったなんて...。
先生の話を聞きながら、少しくやしさと恥ずかしさを感じていた私でした。
まあね、元気ならなによりなんですけどね。

チビスケ(仮名)
我ながら世にも可愛いショットが撮れたぞ。うひひ。


6月5日(wed) 
楽しい試み

ちょっと楽しい試みをしてみました。
私は携帯電話にシールを貼った事がないのですが
ふと思い立って裏側に目玉をつけてみました。
携帯に顔が出来たみたいでちょっと愉快です。
それだけです。

楽しい試み
おかゆさんの提案により、「ニョロ」と呼ぶ事にします。皆さんも是非真似て流行らせましょう。


6月1日(thu) 
どうぶつきそうてんがい

突然ですが、が来ました。
兄が拾ってきてしまったのです。
母猫とはぐれたのか、捨てられたのか。
はっきりわかりませんが、とにかく気付くと足元にいて
人通りの多い所だし、いつ踏まれても不思議はないと思い
つい連れて帰ってきたとの事。
小さいです。てのひらサイズってやつです。
体重は大体300g。さっき買ってきた子猫用ミルク缶に書いてある
表を参考にしてみるに、こいつは多分まだ生後半月とかです。
とりあえずふた付のバスケットに入れて外に出られないように
してあります。人の気配がするとぴゅうぴゅう泣きます。
本当はまだ母猫の母乳とか必要な時期なんだろうけど。
なんとか無事に育ってくれるといいけど。
今の所、誰も名前をつけようとしません。
もう少し大きくなったら考えたいと思います。

男の子らしい。ブチのバランスもいいし、肉球もピンクだし、このまま順調に育ってくれれば、なかなかの男前になるはずである。元気いいし。


| Back | Next | Diary Index | Home |
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO