| Back | Next | Diary Index | Home |


1月23日(sun) 弓矢ネーム店は日曜も無事営業していた

久々に1週間以上かけてじっくり取り組んだロングコート。
その間部屋は物凄い状態になっていた。
ああ、洋裁部屋が欲しい。


1月22日(sat) 法事なんて大嫌い

前回のたむりん先輩んちのiMacですが
結局初期化したらちゃんと起動して使えるようになったとの事。
目出度し目出度し。
*****
ところで、あんまり人からそう言われる事はないが
私は自分の事を相当タイミングが悪くて機転の利かない人間だと思う。
*****
ロングコートがほぼ完成。あとはボタン関係だけである。
ボタンホールはいつもなら家のミシンで作る所だが
今回は結構厚手だしコートだし
ちょっと奮発してお店できれいなボタンホールを作ってもらおうと思う。
バイト先の本部の工場に出してもいいけど、時間がかかる。
するとたむりんから
「この近所にネーム屋さんがあって私この間そこで作ってもらったよ。
1個100円で、すぐやってもらえたの」という話を聞く。
よしそこだ、と思った。土曜は早番で5時あがりだしそこへ行こう。
昼休みに手芸店行ってボタン選んで午後の仕事の合間につけよう。
(振り返ってみると今日はボタンつけの合間に仕事してたわけだが)
いやあ段取りバッチリですねついに完成ですね明日にも着られますね!
ところが5時過ぎ、店の自転車借りて意気洋々と出かけると
そのネーム屋はシャッターが降りている。
なんだよ5時で終わりかそれとも定休日かあ? と思ってよく見ると
「法事のため昼から臨時休業:1/22(土)」の貼紙が。
うわーそりゃないっすよう、なんで今日に限って法事。
とぼとぼバイト先に戻ってその旨説明すると再びたむりんが
「あのね、その店のすぐ近くにもう一軒ネーム屋さんがあるのよ。
もしかしてそこもボタンホールやってるかもよ」と言う。
また自転車。さっき通った隣の通りに確かにもう一軒ある。しかも開いてる!
「あのう、ボタンホールって作ってもらえますか」
「ああー、時間かかるよ」
「どれくらい...?」
「明日...は日曜だから休みだな、月曜になります」
仕方がないのでまたトボトボ帰る。
わかってます。どうせだから後の店にコートを預ければいいと。
最初の店は明日も休むかもしれない。そしたら結局月曜に出す
事になって、さらに運悪く「今混んでるのよねえ」とか言われて
ますます完成が遅れる事だって有り得るのだと。
今となってはそこまで容易に想像出来るのに
その時は事前の段取りにこだわるあまり、とっさの判断が出来ないのね。
なんとかならないものでしょうか、この性格。
とにかく、法事が憎い冬の夕暮れであった。
<Now Playing=Mad About the Wrong Boy/The Attractions>


1月20日(thu) 頑張れたむりん

バイト先のたむりん先輩がパソコンを買った。
生意気にもiMac DVしかもスペッシァル・エディッシォンである。
メモリなんか最初から128MBもある。
ハードディスクもなんとかギガとかいう話だ。
ギガ。私のMacちゃんには全く関係のない単位だ。
当然触りに行く。行かいでか。
買ったばかりのMac様を拝みに行くのは実はこれで3度目だ。
持ち主としては初めてのパソコンで右も左もわかりません
というわけで、とにかく私に来てもらっていろいろ触ってもらって
教えてもらいたいの!! と藁にもすがるような気持ち。
しかし私が行ってみたところでたいしてお役に立つわけでもない。
一番最初にiMacを買ったフクちゃんの家では
メモリの増設をして、インターネットに接続したまではいいが
ポスペが使えな〜いメールが送信出来な〜いなんでえ〜!?
答え: オンラインサインアップでプロバイダ契約したばかりなので
ネットサーフィンは出来てもまだメールボックスが開設されていない
それに気付かずに私はディスクの初期化までしちゃったよ。
次にiMacを買ったのん太郎さんの家では
メモリの増設をして、プロバイダ契約も済ませて
でもインターネットの接続が出来な〜い! どうして〜!?
答え: パスワードが間違ってました
それに気付かずにやっぱりディスクの初期化をしました。
そして今回のたむりん先輩の家では
いきなりモデムが動きません。オンラインサインアップすら不可能!!
答え: 部屋の電話回線が閉じられていた
なんかなあ、人んち行く毎に私って役に立たなくなってるな。
と思いながら帰途に着く。
夜。たむりんから電話がかかる。
「亜紀ちゃんが帰ってから起動させると爆弾マークが出るんだけど!!」
答え: わかりません
一応ディスクの初期化の説明をしておきました。
...もう触りに行かない方がいいのかしら、私。
<Now Playing=Little Creatures/Talking Heads>

たむりん先輩
メル・ギブソン ファン。


1月16日(sun) 大どんでん返し

連日更新(でももう終結宣言だなんて、寂しい)のはまちゃんのように
あれも作りたいこれも作りたいウハウハウハ、と思いつつ
今はその辺の欲望をぐっとこらえてロングコート製作中。
珍しくテーラーカラーのしかもダブルなもんですから
およそ10年振りに「どんでん返し」をやりました。疲れた。
どんでん返しってのは何かっていうと、表と裏をバシッと合わせて
ズラッと縫ってグリッとひっくり返してっていう
ああこんな説明でわかるわけないですよねすみません
とにかくお父さんの背広みたいな衿を作る時の縫い方なのですが
これがまたなかなか難しくて、私は学生の時ジャケットを作る
授業で1度だけやった事があって、その時はまあなんとか
出来たのですが、布がつれたりモコッとしちゃって
「先生〜!」なんて半泣きで相当苦労している子も多くて
なんて書くと「私は上手に出来ましたのよ、フフフ」と
威張っているようですが、決してそうではなくてあれは本当に偶然。
大体そんな難しい縫い方に一体何の意味があるのとか思ってて
今もずーっとそう思い続けてそれ以降も本当はどんでん返しで仕上げる
ような服も「別にわざわざどんでん返しなんてしなくても」と
普通のシャツの衿の付け方と同じ方法で済ませてたのですが
「やっぱり見る人が見れば笑われちゃうかも」なんて
殊勝な事を考えてみたのです今回は。
だって今のバイト先に着て行けば絶対皆にチェックされるし。
怖いっすよ、相手はプロですからね。
<Now Playing=The Mopeds>


1月11日(tue) ブーツを脱いで朝食を

もう我慢出来ないわ! 誰もあたしを止めないで頂戴!
というわけで家業の手伝いを無理やり午前に繰り上げて
久し振りに大塚屋へ布漁りに行って参りました。
CDや本はインターネットのお陰様で自宅に居ながらにして
買える時代になりましたが(ありがたい事です)
やっぱり布はね。実物をこの目で見て、この手で触らなくてはね。
それなのに大塚屋、何故あなたは午後6時半閉店なの。
早い。バイトが早番で5時に終わっても、四日市からでは間に合わない。
おまけに何故木曜定休なの。バイト先もそうなのよ。
だからこうして無理やり時間を作るしかないじゃないの。
でも良い買物が出来たわ。案の定冬物安くなってたし。
調子に乗ってまたボーダーニットを買ってしまった。
何を作るか全然考えてないというのにね。
*****
大塚屋の帰りにふらりと靴屋に入りました。ブーツが欲しくて。
でも合うサイズがなくて諦めました。足のサイズがじゃなくて
ふくらはぎのサイズが。すんごい恥ずかしかったです。
<Now Playing= Pinback/Pinback>

午後6時半閉店
なんでも、6時半になるとまだお客が居ようが本当に遠慮なしに閉めちゃうそうです。

ふくらはぎのサイズ
皆入るもんなのかなあ。細いんだなあ。


1月4日(tue) And Now...,For Something Completely Different.

新年のご挨拶が遅くなってしまいました。
あけましておめでとうございます。私は生きてます。
正月は大体寝て過ごしてました。あとはビデオ。
昨日は「ワンダとダイヤと優しい奴ら」を見ました。
イギリスのお笑い集団モンティ・パイソンのメンバーだった
ジョン・クリーズとマイケル・ペリンが出演しているやつですね。
88年のコメディ映画で、実は高校生の頃ハワイへ旅行へ行く途中の
飛行機の中で上映されていたのをぼんやり見ていた覚えが
ありますが、きちんと見たのは初めてです。
モンティ・パイソンと言えば去年は結成30周年だそうで
日本でも「空飛ぶモンティ・パイソン」全シリーズ再ビデオ化で
なんだかんだいって買い揃えて見ています。
加えて最近は「ラスベガスをぶっとばせ」公開に合わせてか
テリー・ギリアム関係の本もぽつぽつ出てたりして
私も「テリー・ギリアム映像大全」を買って読んでたり。
今までモンティ・パイソンのメンバーではジョン・クリーズ
一番お気に入りで、次にグラハム・チャップマン、しかし
マイケル・ペリンテリー・ジョーンズはなかなか顔を覚えられなかった
(ちなみに一番最初に覚えたのはエリック・アイドルですねやはり)
私なのですが、今回「空飛ぶ〜」を一から見直してみると、
マイケル・ペリンの活躍ぶりが凄いという事に改めて
気付かされます。いじめられ役・いじめ役、演技するキャラの幅が広い。
「ワンダと〜」でも実にユニークなキャラクターを見事に演じてます。
真面目な英国紳士役のジョン・クリーズも良かったんだけど
(でもやっぱり全裸になったりしてるけど)
この映画にマイケル・ペリンがいるのといないのとでは
面白さの度合が全然違ったんではなかろうかと思います。
解説本によれば実際のマイケル・ペリンはとても爽やかで
誰とでも楽しく時間を過ごせる旅行好きのナイス・ガイだそうで
それも凄い。
ところで「空飛ぶ〜」の日本語吹き替え版は再ビデオ化
されないのだろうか? それが少し残念ですね。
*****
あー、美容院行きてー。
確か去年の正月は部屋が荒れ放題で
早々に片付ける気力もなくかといってリラックスも出来ず
どうにも中途半端な気持ちで寝て過ごした覚えがあります。
「今年の汚れ、今年のうちに」は真実なのですね。
人は過去から未来を学ぶべきなのです。
そんなわけで今回の年末はたとえ大掃除は出来なくとも
なるべく部屋を散らかさないように心がけました。
お陰で部屋はいいのですが今度は自分自身が。
伸び放題に傷みまくり、カラーリングしてたなんて今となっては
誰も信じてくれないような髪です。 せっかく小野伸二だったのに。
せっかくって事はないけど。
しかし新年前に散髪って、なんか「行っときなさい!」って
親に言われる子供みたいだし、だいたいそんなキメキメの頭で
正月を迎えた所で別に何処へ行くわけでもなしまぁ年明けにゆっくり
などと思っていたのですがいざ年が明けるとやっぱりね。
清々しい気持ちになれないじゃないですか。
それに今美容院は正月休みじゃないですか。ここでもやはり
「今年の汚れ、今年のうちに」の教訓が活かされるべきだったのです。
人は過去から未来を学ぶべきなのです。わかってんのか私。
今年はもう少しだらしなくない人になりたい。
というわけで今年もよろしく!

テリー・ギリアム
「空飛ぶ〜」では主にコントとコントを繋ぐアニメを製作。でも「スペイン異端宗教裁判」で裁判官のひとりをやっていたりもします。

ジョン・クリーズ
「バカ歩き省」の人。顔を真っ赤にして怒鳴り散らす演技が好きなのだ。

グラハム・チャップマン
ハンサムだと思う。素顔はとてもシャイだったというのがまた切ない。亡くなった今では。

マイケル・ペリン
オープニングのイッツマン、爽やかな笑顔のテレビ司会者など。でも本当にいろいろやる人です。

テリー・ジョーンズ
ストリップをやらせたら世界一。きっと好きなんだよ、脱ぐの(笑)。

解説本
「モンティ・パイソン大全/須田泰成著」(洋泉社)。滅茶苦茶詳しいパイソン本。

日本語吹き替え版
広川太一郎(エリック・アイドル)の「このぉ、ちょんちょん!」しか記憶にないのが惜しい。また見たい。


| Back | Next | Diary Index | Home |
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO