| Back | Next | Diary Index | Home |


4月27日(tue) ■筒井道隆写真集
近所の古本屋で「筒井道隆写真集/僕のいた場所」購入。
半年程前にその店を訪れた時から置いてあって、
久し振りに行ってみたら相変わらず売られていたので、つい。
ご存じの方もいるとは思いますが、私は筒井道隆ファンです。
「バタ足金魚」の時からなので、一応それなりの年季は入ってます。
それにしてもこの写真集、ファンの私が見ても笑える仕上がりです。
例えばあわあわのお風呂に何故かジーパン着用で入り、
手に泡を取ってふーっとやってる写真。
バイク乗り系のごつい白人兄ちゃん3人組(仕込み)との
唐突なストリート・ファイト写真。
その後夕暮れの街角に座り込みひとりたたずむ写真(負けたのか)。
さらにその後先ほどの3人組とバーらしき店の前で談笑する写真。
海辺でのショット?ありますよ、勿論。
1994年発行という事で、5年前だからというのを差し引いても
こうゆう本を出してしまう筒井くんという人は、やはり相当
「何も考えていない人」なのでしょう。素晴しい。
<Now Playing=The 3 Way/LILYS>

談笑する
男の喧嘩の後はやっぱり爽やかに仲直りって事かしら。でも説教されているようにも、麻薬の裏取り引きでもやってるようにも見えるんですけど。

5年前だから
多分「あすなろ白書」とかの頃。当時同じく筒井ファンの友人に「あれだけはちょっと」と言わせた天然ぽいパーマヘアがまた。


4月20日(tue) ■その手は桑名の焼はまぐり
緊急にお詫びと訂正!!
HP立ち上げ一周年プレゼントについてですが、
応募フォームに手落ちがありました。
あれでは応募メールが送信されません。多分。
「昨日送信したのによー」という方がいらっしゃいましたら、
申し訳ないのですがもう一度応募して下さい。ごめん。本当に。
うう、私ってかっこ悪い...。
*このプレゼント企画は終了しています(2002.12 加筆)
******
今日はバイトが休みで、天気も良かったので、
父お薦めの服地の店、桑名の日永屋に連れて行ってもらう。
桑名と言えばあれですよ、中原中也が「桑名の駅は、暗かった」って。
まあそれはいいんですけど、いいね、日永屋。
パッと見は寝具店なんだけど、奥の方が布地屋になってて。
そんな広い店ではないけど、大きなワゴンにカット布が山盛り。
「グラム1円より」とかよくわかんないポップが吊ってあって、
まさに玉石混合なんですね。
とりあえずいろいろ買って来ました。
なんかね、私は確かに悪戯に自分ちの布在庫を増やしているけど、
決して布コレクターではないので、
作りたいもの、着たいものに使える布地しか買わないわけです。
しかし実際には「今は何に使うか思いつかないけど、とりあえず欲しー!」
なんて布地もあったりして、でもそれは泣く泣く諦めて。
うーん、難しい。それにしてもこうゆうのってやっぱり燃えちゃう。
名古屋の大須という所に「米兵」という中古物とかの
安売りショップがあるんですけど、
そこに古着のフロアがあって、もう室内古着だらけ。
靴脱いで上がると、もういきなり床に古着の山。
コートが300円とかワンピが150円とか、
薄汚れた駅員の制服とか、軍服もあったりして。
今はもうちょっとこぎれいなシステムになっちゃったけど、
高校生の頃よく通ったものです。そんなのを思い出しました。
<Now Playing=UTOPIA PARKWAY/FOUNTAINS OF WAYNE>

米兵
「べいへい」ではなく「こめひょう」と呼んで。「いらん物は米兵へ売ろーう!!」の宣伝文句が東海地方では有名というか常識。ZELDAの小夜子もお気に入りだった、というのも一部では有名。私も若かった...。


4月19日(mon) ■大物あいちゃん
土曜日曜と、東京へ遊びに行って来ました。
今回はglnのたかたん・あいちゃんちにお世話になりました。
たかたんとは実はこれまでに3度程会った事があります。
だから彼女の「遅刻癖」は既に知っています。
でもね、今回は大勢での待ち合わせじゃないの。
私ひとりなの。対マンてやつなの。
いくらなんでもそんな、三重県の田舎からのこのこやって来た私を、
渋谷のハチ公口って何処だったかしらなんて考えてしまう私を、
ひとりぼっちで待たせるなんて事しないわよね、
今度ばかりは定刻に迎えてくれるわよね、と思っていたら。
「ごめん、あと20分位待っててくれるー?」
携帯電話って便利だなあ!そしてたかたんはやっぱり大物だなあ!!
*******
今回はPARTTIME PUNXのさくらさんにもお会いする事が出来ました。
武闘派乙女の評判通り、大変ナイスな語り口に私は惚れた。
前々からの知り合いとかじゃなくて、でもその人のHPはずっと覗いてて、
それで実際に本人に会ってみると、それまで私がモニタの前で
いろいろ積み上げてきたイメージや積み上げられない疑問が、
本当にガチッと組み合う事がある。
予想通りの部分もそうでなかった部分も「なるほどな!」って感じで。
生身の人間に会って話をするって、本当に面白いですね。
*******
それにしても女の子同士のお喋りって、なんであんなに楽しいんだろ!
それから私って、そんなに「男前!」って言ってたっけ?
*******
5月に四日市で3度目のイベントを行う事になりました。
お近くの人、良かったら遊びに来て下さい。
詳しくは表紙を。さらに詳しくはメールで。
*******
ところでここのHPを立ち上げて、1年になりました。
残念ながら4月の何日だったかは自分でも覚えてなくて、
たしかglnのたかたんちより少しだけ早かったので、多分今位なんです。
無我夢中でやってきたなあという気分なんですけど、
いろんな人達からの反応、とても嬉しかったです。
私って自分のHP作るまでは本当に!人のHPを知らない奴だったんで、
この1年で自分のネスケのブックマークも随分増えたりして、
それがまた私の無我夢中度を加速させたりして。
というわけで立ち上げ1周年記念として何かしようと思い立ち、
これはやっぱりソーイングものでしょ、というわけで
手作りのバッグを1名様にプレゼントします。マジで。
とりあえずここを覗いてみて下さい。*このプレゼント企画は終了しています(2002.12 加筆)
<Now Playing=DEFACE THE MUSIC/UTOPIA>

渋谷
「中央線って渋谷駅通るの?」と言って同行の兄の腰を抜かせた妹ではある。ちょっと聞いちゃっただけだい、ふん。

たかたん
いやいやしかしお世話になりましたねえ(無論私が)。サンペの「プチ・ニコラ」早速買っちゃったよ!


4月9日(fri) ■爪

私の友人で田中さんという、それはそれは面白い人がいるのですが、
以前「おうちに遊びに行ってもいい?」というメールを出した所、
「ええけど、私の部屋今めっちゃきたないで
「三重県で一番きたない」
という返事が帰って来た事がありました。
当時はそのメールを読んで大笑いしたものですが、
今、私の部屋がそんな感じになっています。
まっすぐ2歩以上歩けない。女子の部屋じゃない。
お願いですから誰か私の尻を叩いて下さい。「片付けろ」と。
*******
載せよう載せようと思って忘れていた写真がありました。
これです。わかるかしら。私の人さし指ちゃんです。
爪、欠けてます。バイト先の靴削りマシーンでやりました。
ギリギリの所で全然痛くはなかったんだけど、
一応用心してしばらく爪を切るのは控えてました。
どんどん増える指先の怪我。
この間はシンナー手にかけてみるみる真っ白になりました。
*******
さて、ミシンアンケートですが、
正座して使ってるという人が多いですね。
というか、椅子に座ってる人って全然いないの。
やっぱりこれはアレか、皆ミシンは普段棚かなんかにあって、
使う時はこたつテーブルかなんかに置いてるのかな。
そしてフットコントローラー膝使いというのは
決して珍しいものではないのですね。結構あった、その回答。
今日も日本の何処かで、乙女達が正座してミシンを使っている。
フットコントローラーを膝で踏んで。くいくいと。
なんとも愛らしい風景ではありませんか。
<Now Playing=Parrakeet & Ghost/カーネーション>

きたないで
実際田中さんの部屋に行ってみたら、なんというかこう、混沌とした部屋だった。田中さんの趣向が随所に散りばめられているとゆーか。


4月4日(sun) ■フレフレ阪神タイガース
オー、オーオーオーオー、はーんしーんタイガース、
フレー、フレフレフレー。
阪神VS巨人の開幕3連戦、私は妙に気にしていました。
もともと父親がアンチ巨人の阪神ファンという家に
産まれ育ったせいで、私は物心ついた頃から阪神ファンです。
とはいうものの、勝ったら喜び、負ければ仕方ないと思い、
選手の顔と名前が一致しないという程度ですが。
でもたまにテレビでナイター観戦なんかすると楽しい。
今だったら(もう終わったけど)昼間に高校野球を観てからだと、
プロはやっぱり安心して観れるよねえと思い、
でも大リーグってもっと凄いんだよねえと気が遠くなる。
私はどうも物事を単純に簡単に捉えようとする癖がある。
私がテレビの前で投げたとか打ったとか走ったとか
ただ単純に観ている所で、実際の現場はもっと複雑だ。
キャッチャーは分析し、ピッチャーは集中し、
バッターは球筋を読み、ランナーは進み、守りは前進したり
カバーしたりする。監督は先の先まで読んでいる。
サッカーの時もそうだったけど、現場の人達は本当にいろいろ
考えて行動している。スポーツって全然単純じゃない。
私はその複雑さを理解しようとしているんじゃなくて、
単にその職人達の世界をかっこいいと思う。憧れのまなざし。
自分には到底出来ない事だからこそ、凄いなと手放しで思う事。
私がスポーツを観る理由はそれですね。
<Now Playing=Melody Fair-songs of the Bee Gees by.../V.A.>

父親
村山実似。かなり。


4月1日(thu) ■スクラップ・ブック
うわーもう4月か! いや嘘はつかないよ、別に。
ところで私は今、たまりにたまった雑誌の整理をしています。
主にまあファッション雑誌ですね。女の子だし。
気に入っているページや写真をスパッスパッと切って、
スクラップブックにペタペタ貼りつけたり、
何ページかの特集をまるごと残したい場合は
ファイリングしたりするわけです。
1年か2年に1回か2回位やって、それはもう中学生位の頃から。
そんなわけでそうゆうスクラップブックは5冊位あるし、
ファイルブックなんかは10冊は軽くあるわけです。
それらは学生の頃は、課題でイメージマップなんかを作る時
おおいに役立つ事もあったりしたわけなんですが、
もう学生でない今は単なる趣味というか習慣というか。
で、たまーにそれを人に見せたりすると
「うわーマメ!」とか言われて、その言葉の裏側に
「それってちょっと不気味...」とか「よくやるよ」とかの
ニュアンスを感じてしまったりして、
なので殆ど人に見せる事はありません。重いしね。
と、まあそれはいいとして、スクラップ作業を黙々と続けていると、
自分の傾向というか好みがまるわかりになっていったりします。
なんかもう切るページ切るページギンガムチェックとかボーダーとか
ストンとしたワンピースとかショートボブとかみつ編みとか
デニムとかパーカとかコンバースのオールスターとか!!!!
自分で自分に呆れてしまう行為です。
それから1冊どこも今となっては切りたいページがなかった時ね。
あんなにワクワクして読んだのに、結局ドゥーワチャだけかよとか。
自分の無駄遣い加減をなじりたくなります。
ちなみに雑誌といえば、オリーブジーンズプリンセスとかで、
「服飾系の専門学校なら友達とか沢山載ってたりするんじゃない?」
などと言われる事が多かったですが、
私の知り合いがその手のページに載ったのは過去に2度だけ、
しかも予備校生と販売員さんでした。モード学園結構地味。
<Now Playing=ArgyBargy/Squeeze>

ファッション雑誌
あと音楽や映画の雑誌なんかは全部残しておいて良かったーと思う事が多いしね。何が幸いするかわからん。

おおいに役立つ
服飾系とかデザイン系の学生さん、あるいは将来そうゆう方向に進みたいと思っている人はやっといても損はないと思う。これは本当に。

ドゥーワチャ
いわずと知れたオリーブのオザケンの連載。本にならないのかなーという女子達(私の周りに3人はいる)の願いはいつかなうのか。


| Back | Next | Diary Index | Home |
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO