2003年03月30日(日) 土曜の夜に暗い映画を。

久し振りにビデオを借りてきまして、ドイツの映画「es(エス)」を見ました。

ある研究室の実験で集められた普通の男性24人が、「看守役」と「囚人役」に分かれて疑似刑務所で過ごす事になる。2週間後には、"何もなくても"高額の報酬を手に入れられるはずだったのに、「権力を与えられた者達」と「人権を奪われた者達」は次第に対立し始めて...というお話。

時間がたつにつれて、看守役の中には「規律を守らせるためにどんどん高圧的になっていく奴」とか「明らかに囚人を自分の支配下に置きたがる奴」とか、でもって「そんな人達に煽られて自分もその気になっちゃう奴」とか「でもそれってやり過ぎなんじゃないのーと内心ビビってるけど黙ってる奴」とか、それぞれ普段は自分自身も思いもしなかったような部分が露骨に現れてくるわけです。

なるほどねーとも思うんですけど、でもちょっとキャラ分けが露骨というか予想出来る範囲というか、「異様な状況下で現れる人間のダークな本質ぶり」がいかにも、な気もしました。しかし本当にこんな風になっちゃうかなあ。 逆に現代の人間だからこそ、"こんな程度"の設定ではなかなか「それぞれの役」に成りきれないのでは。そうゆう「誰もはっきりしないのになんとなくの流れで取り返しのつかない状況になっちゃう」方のが怖い。ような気がする(映画「CUBE」の、そもそもなんでこんな変な箱部屋が作られてしまったのか、今となっては誰も分からない、全体を知ってる奴がひとりもいない、みたいな)。

大体主人公が実は記者で、最初にわざとちまちま煽ったりしてなかったら、結構平和に2週間過ごせてたりしてな。あと主人公の彼女は別に必要なかったのでは(「カナダに行くの」とか。知らんって)。というのはまぁお約束のチャチャ入れですので(笑)。

でもなんだかんだいっても、こうゆうちょっとコワ映画って、やっぱり好きなんだよなぁ...。


2003年03月28日(金) Yさんは何処に?

先月までアルバイトしていた元職場に、Yさんという同僚がいました。
Yさんは去年の10月に入って、私と同じく先月いっぱいで辞めたので、一緒に働いていたのは半年足らずだったわけですが、彼女はサッカーのポーツマス(イギリス1部リーグ)のGK川口能活の大ファンという事で、ふたりでよくサッカーの話をしては盛り上がっていました。
彼女が職場を辞めた理由は、イタリアはローマに住む彼女の大親友が遊びに来い来いというので、1ヶ月程ローマに行こうと思います、ていうか1ヶ月っていってもいつ帰るとかははっきり決めてないし、その間休んで帰国したら復帰というわけにもいかないので辞めます、という事でした。
Yさんはいつも

「長年川口を応援しているのに、まだ一度も川口を生で見た事がない、ああいつか見たい見たいヨシカッチャン...(はぁと)」

とよく私に話していたので、私は

「せっかくイタリアに行くんだったら、ついでにイギリス行ってポーツマスの川口を見てきたら? 試合はずっとベンチみたいだけど、練習だったら見れるんじゃない? 日本から行く事を考えれば、ローマからポーツマスに行く方が気楽じゃない!」

と煽ってみました。Yさんは私の提案に多少戸惑いつつも、結構乗り気になってローマの友達に相談したり、そして思ってるより飛行機代が高いかも、というのでやっぱり諦めかけたり、私からリザーブリーグ(2軍の試合。これはさすがに川口も結構出場する)の日程を教えられてまたその気になったり、結局どうするか結論は出さないまま、イタリアへ旅立って行きました。

さて、今日は日本対ウルグアイの国際親善試合が行われたわけですが、この試合、川口がGKとして出場したのですね。Yさんは果たして今何処にいるのでしょうか。もう帰国して、この試合を見ていたでしょうか。それともまだローマでしょうか。も、ももも、もしかして、今頃本当にポーツマスに行ってたらどうしよう...Yさーん、あなたのヨシカッチャンは今、ポーツマスではなくて日本に帰って来ているのですよー...マジで入れ違いになっていたら、ポーツマス行きを勧めた私は物凄く責任を感じるのですが...まさかな...。とりあえず、万が一の事を考えて、今日の試合は録画しておいたんですけど...果たして。

でもやっぱこの試合、Yさんは見ない方が幸せかもしんないなぁ、なんて思ったりして。だって...これだったし

MUSIC
Mull Historical Society/Loss


2003年03月24日(月) おー、みすていく!

いやー、やっちゃったやっちゃった!

今、スプリングコートを縫い始めた所なのですが、どうも寸法が合わないわオカシイわと思っていたら、脇とか身頃の切り替えの部分、本当は縫い代1.5cmなのに1cmにして縫ってました!

普段は、切りじつけまではやりませんがノッチ(縫い代や合い印の所にハサミで小さく切り込みを入れる事。縫う時のガイドになる) はちゃんと入れるんだけど、今回は「ダイジョブダイジョブ、ちゃんと覚えとくから」と思ってノッチの箇所を思いっきり省略させてみたら...ばっちり忘れてますやん。

こうゆう時に限っていつもより切り替え多めなんですよね...1箇所につき1cm大きくなったとして、全体で3cm広がっちゃったとこもあったり。いくらなんでもそりゃ大きいわ。当然縫い直ししなくちゃいけないんですけど、でももう縫い代片倒しにして上からステッチもいれちゃったんですけど...なによりほどいて詰めてそのステッチも縫い直すと、元のステッチ跡がズレて目立っちゃうんですけど! アイロンかけても生地的にごまかせないんですけど! 当然もう生地は余ってないし、なにより裁断からやり直したくないんですけど! うわーん!

それで結局どうしたかというと、間違えた部分をほどいて正しく縫い代1.5cmで縫い直して、片倒しのステッチはダブルステッチにしてなんとか乗り越えました。これで元のステッチ跡は殆ど目立ちません。ふー、危なかった。

良い子のみんな、服を縫う時はあまり調子に乗って手抜きすると後でエライ目に遭うヨ!(お前が言うなよな...)

MUSIC
Arto Lindsay/Prize


2003年03月19日(水) 気になる試合

■パソコンの日記用テキストファイルのファイル名がいつの間にか「893」になっていた。なんだよ「ヤクザ」って。誰だこんな事したのって、私しかいないんですが。いくら面白好きの私だからといって、なんでそんな事をしたのか我ながら全く思い出せません。あ、もしかして猫がキーボードの上に乗ったのかなあ。

■ああ、チャンピオンズリーグが気になる。ドルトムントはACミランに勝てたのか。そしてレアル・マドリードはロコモティフ・モスクワに勝っちゃったのか。今朝放送したレアルマドリー対ロコモティフ戦のビデオを見たら、生中継だったので試合の途中で同じ時間に試合してるACミラン対ドルトムントのスコアも紹介してきやがんの。待て待て待て! そしたらこのビデオ見たら、ドルトムントの試合結果もわかっちゃうじゃん(ドルトムントの試合は今夜7時から録画放送)! ドルトムントの試合もちゃんと見たいので、慌ててビデオを止める私。Cグループの2位勝ち抜け決定チームは、今夜じっくり知る事にします...(つーかどうせレアルマドリ〜なんでしょうけどね)。


2003年03月17日(月) のんびり大阪2デイズ

土曜・日曜と、久し振りに大阪へ遊びに行って来ました。
行って来ましたが、生地屋さんには行ってません。レコ屋さんにも行ってません。本当です。嘘じゃないです。疑うならば、江口さんみなみちゃんに聞いてみるがいい! 私のアリバイを証明してくれるさ!
誰もそこまで追求してませんか。そうですか。
じゃあ大阪くんだりまで出かけて一体何してたんだというと、土曜は江口さんにお会いして、京橋でご飯食べて淀屋橋でお茶飲んで、夜はみなみちゃんちに泊めてもらって翌日の夕方までひたすらダラダラおうちで過ごして素直に近鉄特急乗って帰って来たんです。

実は学生時代に大阪で一人暮らしをしていた3年間のうちの最初の1年半は、京阪沿線に住んでいたので、京橋や淀屋橋というのはとても懐かしかったです。特に京橋の京阪モールに、やたらこじゃれたお店が沢山入っていたのには驚きました。時代は変わったのじゃのう。グランシャトーは健在だったけど。

江口さんとは今回やっとお会い出来たのだけど、とてもテキパキした気さくな方で、いろいろお話を聞けて楽しかったです。ご飯どうも御馳走様でした。
江口さんがサイトで紹介してらしたみつばち堂にも連れて行ってもらいましたが、すごーくいい感じのお店でした。アップルパイ美味しかったなあ。また行きたいなあ。

みなみちゃんともこれまた久し振りの御対面で、近況報告やら時事問題やら勿論くっだらない事も含めて、とにかく沢山お喋りして過ごしました。あと花札もしたな。絶対やり方間違ってたとは思うんだけど。長いつきあいの友達っていいなあ。別に特別何かイベントとかなくても、ただ喋ってるだけで充分楽しいんだよね。

今度は東京へ遊びにも行きたいけど、いつになるかな...。


2003年03月14日(金) ミシンが家にやって来た

まとめて読んでもらえるように、1ページで数日分の日記が掲載されるレイアウトにしてみました。
上下にバナーがついちゃうんですけど、まあしばらくこれでやってみます。

さて。新ミシンが届きましたよー。
早速テーブルを組み立ててセッティングしました。
 至極シンプルなお顔だち。
今まで使っていた家庭用ミシンとロックミシンは台ごと反対側に移動させまして、それらのミシンを使う時はくるりと後ろを向けばすぐ使えるという。うーん、我ながら無駄のない動線だわ。
 工房っぽい(笑)?
というか、ずぼらさんとしてはやはり全部出しっ放しにしておきたいのね。出すのも片付けるのも面倒だから。

そして、一番最初に縫ったのが何故かカーテンです。
というのも、新ミシンの置き場所のために作業スペースを整理していたら、出るわ出るわ、服を作った後の余り布が。ポケットの袋布とか身返しとかになるべく再利用はしているんですけど、それでもなかなか処分しきれないものですよね。生地自体に愛着があるから、そのまま捨ててしまう事も出来ないし。
そこで「どうせ使い切れなくて捨てられないなら、パッチワークにしてカーテンにしてみたらどうだろう」と思ったのでした。
幅を揃えてカットした生地を、とにかくどんどんつなげてゆくだけ(しかもロックミシンで)。多少歪んでも気にしない。素材や柄や色合わせもあまり深く考えない、それはまさに即興プレイ(笑)。最後の端の始末だけ、新しいミシンで仕上げました。
 大胆、かつテキトーに。

前より明るい雰囲気になったかな。でもまだ左半分しか作ってないんですけどね。近いうちにもう1枚仕上げたいと思ってはいますが。

それにしても、専用テーブルも注文して大正解な! 大きな生地でもとても扱いやすいです。
ああ、思い切って買って良かった。最後のお給料をはたいて、とても貧乏になってしまいましたが...。


2003年03月11日(火) ミシンが家にやってくる


我慢出来ないので先に書いてしまいますが、ついに職業用ミシン買っちゃいました。うっしっし。
ちなみにジューキのシュプール98スペシャルです。自動糸切りのついてるやつです。うっしっしっし。
届くのは金曜の予定なんですけど、とても楽しみです。もうお金の用意はしてますからね、いつでもカモーン!って感じですよ。うっし(略)。
今使っている家庭用ミシンも、かなり頑張って仕事してくれているのですが、前々から「やっぱステッチがきれいに縫えない所もあるなあ」なんて思ってて、今日もパンツ縫ってて縫い目にバラつきが出たりして、まあ私は根がテキトーなのでそんなに気にはしないのですが、「いいもん、新しいミシンが来たら今より縫いやすくなるもん」なんて思ったりしてやっぱり嬉しいというかおおらかな気持ちになります。
しかしそうして浮かれていたら、間違えて左の人さし指を針を取り付けるネジの部分で挟んでしまって痛かった。もしかしてひがんでいるのか? 家庭用ミシンよ。心配するな、チミにはボタンホール専用ミシンとして今後も頑張ってもらうのだから。

さて、金曜までにミシンの置き場所を考えなければ...(専用テーブルも注文しちゃったので)。


2003年03月02日(日) コスメ雑記

最近買った化粧品の事など(一部書き加えました)。

■マイクロカプセルファンデーション(ライトオークル)/JCコミュニティ
ネットの一部で異様に評判が高くて、ついうっかり買ってしまいました。美容液成分とファンデ成分が一緒になっているので、化粧水の後にこれを使えばいいのだという。乳液も下地も日焼け止めも必要ないのだという。簡単だなー。1プッシュで1回分というポンプ式なのは嬉しいが、透明プラスティックのボトルからベージュのつぶつぶが丸見えなのは、カエルの卵みたいでちょっとグロい気もする。使い心地は、ファンデというよりは、色付き美容液という感じ。ティント乳液よりもシャビシャビで水っぽいですね。カバー力はまるでありませんが、今日は出かける予定もないし、朝のお手入れめんどくさいなーという日に使うといいのでは。でも乾燥肌の人だとちょっとつっぱるかな。

■リップスティック(フレックルトーン)/M.A.C
■リップペンシル(ウォルナッツ)/M.A.C
M.A.C初購入。名古屋だとJRタカシマヤにあるのですが、BAさんもお客さんも黒い服を着ているイメージがあるのはなんでだろう。パッケージも黒いし。なんとなく今まで近寄り難かったのですが(ていうか私にとって近寄り易い化粧品のカウンターなんて存在しないのだが)、「ベージュ系の口紅を探しているのですが」と伝えたら、気さくなBAさんがパパッと選んでくれました。私はベージュ系の口紅を塗ると、大抵顔色がなくなってしまうのですが、これはオレンジベージュなので多少赤味が入ってて良い。これよりオレンジ寄りだと口だけ浮いちゃうけど、丁度自然に治まる感じ。パールが入ってなくてツヤのある所も好きです。つけた時石油っぽい匂いがするのだけ気になるか。私はリップペンシルは今まで使った事がないので、はっきり言ってまだまだ全然上手く使えませんが、やっぱりベージュ系のリップには輪郭は必須。ところでここの袋って、物凄く簡単なビニル袋ですね。私は化粧品の箱だの紙袋だのをなかなか捨てられないタチなのですが、ここまでテキトーな袋だと惜し気も無く捨てられるのでかえって嬉しいです。

■アクアリップシルクス(A554C)/マックスファクター
私はパールの入った口紅がどうも苦手です。人のを見るとキレイーとか思うんですけど、自分でつけると落ち着かなくて。でもマットなのとか色鮮やかなのも駄目で、もっと水っぽくてツヤッとしてるのが好きなのです。色付きリップクリームでも付けとけよ! という気もしますが...とイシダさんに話したらお薦めしてくれたのがマックスファクターの新色でした。松嶋奈々子なぁ...と思ってマックスファクターには殆ど興味がなかったのですが(好きな人ごめんな)、結局その奈々子カラーを買っている私。でもこれ、とても私好みです。見た目は真っ赤なんだけど、実際はとても薄付きで、赤いニュアンスだけ感じられるという。ピンク〜パープル寄りじゃなくて、朱赤な所が嬉しい(意外にないですよ、朱赤って)。こうゆう赤い口紅欲しかったんです。イシダさん、ありがとう!

■クイックジェリィパック(洗顔パック)/井田ラボラトリーズ
クレンジングや洗顔後に、毎日使える洗顔パック。10秒マッサージして洗い流すだけ。パッケージの前面にどーんと「蒟蒻(こんにゃく)」と書かれていて、なんとなく笑える。スクラブかゴマージュものを探していて、毎日使えるという所にひかれて買ってみました。こんにゃくから作られたマンナンスクラブが、ちょっとグミみたいにぷにぷにしてて、でもそんなに肌に負担になってる感じもしません。洗い流した後は肌が柔らかくなってて、LUSHの「天使の優しさ」に似てるかな。それよりマイルドな使い心地かも。結構気に入ってます。

■イドラ・デトックス モイスチャライジングローション/ビオテルム
最近ビオテルムづいてるなー。パッケージと香りが好きなんです。今使っているデンシティセラムとクリームもリピートする自信はないから(だって働かざる者...)、これからは化粧水もドラッグストアの安いの買おうと思っていたのに、なんでこんなの買ってるのさ。まあそれはいいとして、最初はアクアスルスのジェルローションってどうかなーと思ってたのに、BAさんに薦められて結局こっちにしました。アクアスルスのアプリコットの香りに興味があったんだけど、比べてみたらイドラデトックスの方が好みでした。つけてみたら、結構すぐサラサラするのに内側は潤っている感じがします。ペタペタするのってあまり好きではないから、こっちで良かったかも。なんだかんだでいつもBAさんの言う事をおとなしく聞いてしまう私。そのうちスパコンも買ってしまいそうで怖い(行く度に薦められる)。ちなみに、美白ラインのホワイトデトックスの洗顔料のサンプルを貰ったんだけど、これも予想以上に良い感じなので怖い。

■スージングマスク/アベンヌ
洗顔後に使用する保湿マスク。肌に浸透すると透明になるので、どの部分が乾燥しているかがわかるらしい。面白そうですなー! と思って買いました。今夜あたりにでも使ってみます。

■ポイントミニマスカラ/テスティモ
最近下まつげにもマスカラを塗るようにしていて、でもそうするとファイバーウィッグではさすがにブラシがでか過ぎるのですね。というわけで小指の先位の大きさのブラシだという話を聞いて、このマスカラに飛びつきました。メイベリンの小さめブラシのマスカラと迷っていたのですが、多分メイベリンは色落ちしてパンダ状態になってしまうだろうなー(経験あり)という事でこちらに。本当、ブラシが小さいと塗りやすいですよ。それに、買うまで知らなかったけどテスティモの方はフィルムタイプのマスカラ液ではないですか。私はマスカラを買う時はなるべくフィルムタイプが良いので(崩れても滲まずに黒いカス状になってポロポロ落ちてくるので、直すのが楽です。ファイバーウィッグもこのタイプですね)ラッキーでした。フィルムタイプのマスカラって便利だと思うんだけど、どうしてどのメーカーも「フィルムタイプです」とか表示してくれないのかしら。せいぜいファイバーウィッグが「滲みようがない!」って宣伝してる程度だもんなあ。

買物の手帖
・V.A/TEENBEAT 341 SAMPLER
・TRUE LOVE ALWAYS/CLOUDS
・メンズパンツカタログ/クライ・ムキ


SEO [PR] @[r AEx@o^C ^T[o[ SEO